富貴蘭を楽天で探す♪    富貴蘭の事なら楽天市場で!
富貴蘭での旅行やレンタカーなど、温泉旅館の宿泊予約はお得な楽天トラベルで♪


土作りのお話

庭の土作りはどうすれば良いの?

庭の土作りって、どうすれば良いんでしょう?自宅の庭で家庭菜園やちょっとした畑を作りたい、又は、ガーデニングで綺麗な花を育てたいって言う時に、まず重要になるのが土、つまり、土作りなんです。この土作りを面倒だと言って疎かにすると、思い通りの庭や畑は出来ないんですよね。良い土壌で栽培する事が、病気や害虫に強い植物が育つ事に繋がり、結果的に、良い庭が出来上がる事になるんですよね。

では、どうすればそんな良い土が作れるのか、その為の条件等をちょっと簡単にお話してみますね。先ず、土の通気性があるんです。これは、根の酸素供給を行う為に、土にある程度の隙間を作る必要があるんです。土に通気性が無ければ植物は枯れてしまうんですよね。

次には、土の排水性、つまり、水はけなんです。水を通す事で根から水分を吸収すると同時に、古い吸気を流して換気する作用もあるんです。これは通気性を良くすれば自然と良くなってくるようです。ですが、水はけが良過ぎると水分が吸収出来ない為、ある程度の保水性も必要となってくるんですよね。

これは、赤玉土を混ぜる事で、水分を溜めておく事が出来るので、根への水分供給が可能になるんですよ。それに、土に養分が無ければ植物は育たない為、植物に必要な養分を肥料で補うんですが、肥料が水遣りで流れないように、保肥性の高い赤玉や黒土、それに、腐葉土や堆肥等を土に施してやるんです。

良い土は植物だけではなくって、その土中の微生物にとっても大事なものなんですよね。土の中では、微生物の活動によって有機物を分解し、植物が吸収出来る状態にされていくんです。その為、この微生物が活発に活動出来るように土を作ってやる事が大事になるんですよね。

その微生物にとって良い活動条件って言うのは、十分な水分と酸素を保持している事や、温度が30〜40度である事、それに、pH値が弱酸性〜中性である事なんですね。手を加えてない土って言うのは、酸性である事が多いので、石灰等を混ぜて中和しておくのが良いですね。

土作りって、とっても面倒な作業なんですが、ここで良い土が出来るかどうか大半が決まってしまうんですよね。土作りは手探りな部分が多いんですが、良い野菜や花等を育てる為には欠かせない作業なので、しっかりと取り組む事が大事なんです。美味しい野菜作りの為に、綺麗な花を咲かせる為に土作りに頑張っていきましょう。

関連記事
土作りで石灰は重要?
家庭菜園の土作りは?
花壇の土作りはどうすれば良いの?
ガーデニングの土作りはどうすれば?
プランターの土作りって?
野菜作りの土作りはどうすれば?

スポンサードリンク

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。