富貴蘭を楽天で探す♪    富貴蘭の事なら楽天市場で!
富貴蘭での旅行やレンタカーなど、温泉旅館の宿泊予約はお得な楽天トラベルで♪


土作りのお話

花壇の土作りはどうすれば良いの?

花壇の土作りって、どうすれば良いの?って言う方もいらっしゃるかもしれませんね。花壇に限らず、園芸においては、土作りは最も大事な作業なんです。植物を花壇で、健康に美しく育てる為には、それに適した良い土を作る事が重要になるんですよね。

殆どの植物は排水の悪い土の状態を嫌うので、ある程度水はけが良くなければいけないんですね。かと言って、あまり排水性が良過ぎると土が乾いて、吸収する水分が少なくなってしまう為、ある程度の保水性も必要になるんですよ。

その他にも、酸素を供給する為の通気性や、土の養分を蓄える保肥性も重要なんですよね。こういった土って言うのは、握ると軟らかくって、弾力のある土なんです。土壌の中で養分を作り出すミミズ等が住める土が作れれば、ベストで良いですね。

さて、花壇を作る場合なんですが、先ず30cmほど土を掘り起こして、ごみや石などを取り除くと良いですね。その後、堆肥や腐葉土等を撒いて土と良く混ぜ、一週間程ほおって置いて馴染ませます。この時に、乾燥しないように適度に水分を与えて下さいね。

そして、ひと通り混ぜたら、土のpHをチェックしてみて下さい。って言うのは、日本の主な土壌は強酸性である事が多いので、その場合には、石灰を混ぜて、植物の栽培に適した弱酸性から中性の土壌に調整してあげるんですね。

石灰を撒き過ぎでアルカリ性になった場合は、ピートモスなどの酸性の強い土を混ぜて中和して下さい。もし、既に花壇が有って、その土を再利用する場合には、これまでの作業の他に、既にいる害虫の対策を徹底して行う必要があるんですよね。

プランター等の土であれば、夏にしっかりと日光消毒をすれば十分のようですが、広い花壇の場合には、害虫に負けない野菜等を作る為の土壌改良に加えて、冬場に土を掘り起こして、害虫を外気に晒して死滅させる方法を取るのが良いようですね。

もし、これらの方法が取れなかったり、どうしても駆除出来ないようであれば、薬を使う事になるでしょうね。土作りは手探りな部分や重労働が多いんですが、素晴らしい花壇で植物を育てる為には欠かせない作業なので、しっかりと取り組む事が大事なんです。美しい花々が咲き誇る花壇の為に土作りに頑張っていきましょう。

関連記事
土作りで石灰は重要?
家庭菜園の土作りは?
ガーデニングの土作りはどうすれば?
プランターの土作りって?
庭の土作りはどうすれば良いの?
野菜作りの土作りはどうすれば?

スポンサードリンク

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。