富貴蘭を楽天で探す♪    富貴蘭の事なら楽天市場で!
富貴蘭での旅行やレンタカーなど、温泉旅館の宿泊予約はお得な楽天トラベルで♪


土作りのお話

家庭菜園の土作りは?

家庭菜園の土作りって、どうすれば良いの?って言う方もいらっしゃるかもしれませんね。家庭菜園に限らず、植物を健康に育てる為には、それに適した良い土を作る事が重要になってくるんですよね。ですが、作る野菜によって適した土が違うので、先ず作る野菜を決めて、その作物に合った土を作る事が必要になるんです。

自然農法という方法では、土壌と植物の力だけで人の手を加えずに栽培するんですが、下準備の為にある程度の土作りを行う場合もあるようなんですね。このような良い土で育った野菜って、病気や害虫にも強くって、勿論味も良く、美味しい野菜になるんです。

土作りで重要な事は、土壌酸度に通気性、排水性、それに、保水性や保肥性を野菜に合わせる事なんですよね。家庭菜園を行う場合には、一般的には野菜作りに適していると言われる黒土を使う場合が多いようなんです。

ですが、黒土って言うのは排水性が悪いので、腐葉土などを混ぜて排水性を上げてやる必要があるんですね。それに、土壌によっては、酸度が強いので石灰を与えて中和してやるんです。そして、保肥性を高める為に、腐葉土や堆肥を混ぜてやると良いですね。

でも、これらの土作りが例え完璧でも、害虫がいたのではどうにもならないですよね。なので、この害虫の駆除は、冬の間に土を掘り起こして、寒気や風雨にさらしやると良いんですよ。この時、同時に堆肥をまいて土作りも行えってしまえば、春には堆肥がなじんだ土が出来上がってしまいますね。

土が出来上がったら、育てる野菜に合わせた肥料を混ぜていくんですよね。主な肥料は、窒素、リン酸、カリの三種類なんです。これらの肥料は、野菜に合わせて混ぜてあるものが売られているんですが、土壌との関係で不足してしまう養分もあるので、それらを補えるように畑の状態を調べておくと良いですね。

いずれにしても、土作りは手探りな部分や重労働が多いんですが、素晴らしい作物を育てる為の家庭菜園には欠かせない作業なので、しっかりと取り組む事が大事なんですね。美味しい作物の為に土作りに頑張っていきましょう。

関連記事
土作りで石灰は重要?
花壇の土作りはどうすれば良いの?
ガーデニングの土作りはどうすれば?
プランターの土作りって?
庭の土作りはどうすれば良いの?
野菜作りの土作りはどうすれば?

スポンサードリンク

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。