富貴蘭を楽天で探す♪    富貴蘭の事なら楽天市場で!
富貴蘭での旅行やレンタカーなど、温泉旅館の宿泊予約はお得な楽天トラベルで♪


剪定・枝切りのお話

庭などでの剪定とその方法は?

庭などで樹木を育成していて、剪定とその方法は?って言う方も多いのではないでしょうか。剪定って言うのは、ご存知のように樹木の幹や枝を鑑賞したり、生育や実用等の目的として、枝葉を切り除いて樹形を整える技法の事を言うんです。

剪定に限った事ではないんですが、知識を得ただけで直ぐに出来るほど簡単な事ではないので、基本から徐々に覚えていくのが良いですね。基本的に剪定で除去する枝には、
・ヤゴと言う、根元、あるいは根元に近い根から出て養分を奪っていく枝
・幹(胴)ぶきと言う、衰退した樹木の幹から発生する小枝
・からみ枝と言う、一本の枝が他の枝に絡みついて美観を損ねる枝
・徒長枝と言う、長くて大きいが組織的には弱く、養分を取りすぎてしまう枝
・逆さ枝と言う、逆の方向に伸びて樹形を乱す枝
・ふところ枝と言う、枝の内側にある小さく弱い枝
など言った枝や、他には、病気になった枝や枯れ枝、枝が密集し過ぎている部分等も除去するのが良いですね。

又、これらの枝の種類によって剪定する方法が変わるんです。例えば、切詰剪定では、伸び過ぎた枝を所定の位置に切り詰める方法なんです。この場合、長めに残して切ると、残した枝部分が枯死してしまう事があるので注意が必要なんです。

それに、からみ枝等でこみ過ぎた部分の枝を間引きし、樹木の密度を調整するのが枝抜きや、枝下ろしと言われる方法です。枝抜きと言う方法が、からみ枝や逆さ枝などの部分だけを切り落とす方法で、枝下ろしって言うのが、大枝を幹の根元から切り落とす方法なんです。

剪定する樹木や花によって、剪定方法や時期が変わる為、その植物に適した剪定方法を知っておく必要があるんですよね。ですが、例外として、桜は切り口の傷が治りにくく、そこから枯れやすい為に、よほどの事情がない限り剪定は行わないんです。上手く剪定する為には経験が必要になるので、その樹木を良く知る為に繰り返し挑戦すると良いでしょうね。

関連記事
植木の剪定は?
梅の剪定はどうすれば?
松の剪定はどうすれば?
柿の木の剪定は?
剪定の時期っていつ頃?
庭木の剪定は?

スポンサードリンク

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。