富貴蘭を楽天で探す♪    富貴蘭の事なら楽天市場で!
富貴蘭での旅行やレンタカーなど、温泉旅館の宿泊予約はお得な楽天トラベルで♪


剪定・枝切りのお話

松の剪定はどうすれば?

松の剪定はどうすれば良いの?って言う方もいらっしゃるでしょうね。松を日本を代表する木にあげる方も多いのでは・・・。日本では長寿を表す縁起の良い木でもあるんですよね。それに、松の木の手入れを、植木職人さんに任せている家庭も多いでしょうね〜。なので、ここでは松の手入れのうち、剪定作業について簡単にお話しますが、参考になると嬉しいですね(笑)

さて、松の剪定には、”みどりつみ”と”もみあげ(古葉取り、葉むしり)”と呼ばれる剪定方法があって、どちらも手で丁寧にやるのが良いですよね。剪定って、見栄えを良くしたい等、自分の都合でやる事が多いでしょうが、木が弱っている場合に行うと、病気になったり最悪は枯れたりして、逆効果になってしまう事もあるんですよね。このような場合は、剪定を控えて、木が剪定に耐えられるように、よ〜く世話をしてあげましょうね(笑)

松の剪定のみどりつみって言うのは、5月頃から新しく伸びた緑色の新梢の一部を指先で摘む事なんです。新梢は真ん中で一番伸びてるものを根元から摘み、残りを1/3程度摘むんですよね。そして、11月になると、病虫害を防ぐ為に風通しと日当たりを良くする為に、不要な葉を取り除く作業を行うと良いです。この作業を”もみあげ”って言うんです。

作業の前には、枯れ枝や絡み枝等を間引いて、枝振りを整えておくと良いですね。昨年の古い葉と本年の葉の一部を、手で軽くむしり取るんです。この時、残したい部分をひと枝に10〜15本を目安に残すと良いですね。注意として、松の葉を決して刈り込まない事です。

針葉樹でも、イチイやマキなどは刈り込む事もされ、その場合、葉の中央を切り取られる場合が多いんですが、松の場合、そうした切り方をすると、切断部が茶色く枯れて見苦しくなるので避けるのが良いですね。大事な松ですもんね。見栄えのする丈夫な松に成長するのが楽しみですね。

関連記事
植木の剪定は?
梅の剪定はどうすれば?
柿の木の剪定は?
剪定の時期っていつ頃?
庭木の剪定は?
庭などでの剪定とその方法は?

スポンサードリンク

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。