富貴蘭を楽天で探す♪    富貴蘭の事なら楽天市場で!
富貴蘭での旅行やレンタカーなど、温泉旅館の宿泊予約はお得な楽天トラベルで♪


肥料や水遣りのお話

生ゴミの肥料って、どうすれば?

生ゴミの肥料も良いようなんですが、どうすれば作れるんでしょうね〜?現在では、ホームセンター等のお店に行けば様々な堆肥が売られているんですが、いつも購入してると年間の費用も結構掛かってしまうんですよね。そこで、毎日出る生ゴミを堆肥にすれば、その経費も安くなるだけでなくって、今、言われている環境にも良いので一石二鳥なんですよね。

では、その生ゴミの肥料を作る為にはどうすれば良いかと言うと、先ず用意するのは、生ごみと発酵させる為の堆肥材、それに、それらを入れる容器、これだけなんですよね。この他には、発酵を促進させる為の発酵材が加わる程度なんですよ(笑)堆肥材に関しては庭土でも良いですし、EMボカシを用いると、庭の無いご家庭でも簡単に堆肥が作れるんですよ。

そこで、EMボカシを用いた生ごみ肥料の作り方をお話しますね。先ず、水切りした新鮮な生ごみを容器に入れるんです。その時、当然なんですが、ビニールやタバコはダメですよ。卵の殻や貝殻はカルシウムになるので、小さく砕いて入れて下さい。その上に、EMボカシを均一に振り掛けるんですよね。

それで、これをよ〜くかき混ぜ、空気を遮断する為に、ビニール袋をこれらの生ゴミの上に被せて、上から押してごみの中の空気を出してしまいます。そしてその後、容器に空気が入らないように、フタをしっかりと閉めて日の当たらない場所へ置いておきます。

これを生ゴミが出るたびに、容器が一杯になるまで繰り返していくんですが、この時、発酵していくと液体が底に溜まってくるので、こまめに取り除いて下さい。この方法で生ゴミの肥料を作っていくと、夏であれば一週間くらい、冬なら二週間くらいで発酵が完了し、生ゴミの堆肥の出来上がりとなるんですよね〜(笑)

最初のうちは、発酵に失敗したりして上手く作れないかもしれないんですが、その時は、畑の何も栽培していない場所に埋めてしまうと良いですね。畑の微生物の力で自然と肥料になってくれますからね。どうです、生ゴミの肥料って、意外と簡単に作る事が出来るので、挑戦してみてはいかがでしょうか(笑)

関連記事
米ぬかの肥料って?
化学肥料ってどうなの?
有機肥料って?
化成肥料って?
液体肥料って?
有機質肥料って良いの?

スポンサードリンク

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。