富貴蘭を楽天で探す♪    富貴蘭の事なら楽天市場で!
富貴蘭での旅行やレンタカーなど、温泉旅館の宿泊予約はお得な楽天トラベルで♪


肥料や水遣りのお話

米ぬかの肥料って?

米ぬかの肥料もあるんですよね。米ぬかって言うのは、玄米を精米して白米にした時に除去される部分で、種皮が胚芽等が含まれているんですよね。米を食べる場合には捨てられる事が多い部分なんですが、栄養価がとっても高くて、昔からぬかみそに利用したり、米ぬか油を取ったりと大いに活用されているんですよね。

さて、この米ぬかなんですが、肥料としての成分にも富んでいる為、ただ捨てるのは非常にもったいないんですよ。でも、米ぬかをそのまま畑に撒くと、虫が大量に発生したり、発酵によって熱やガスが発生していろいろな障害が起こる為、発酵させてから使用した方が良いようです。そこで、米ぬかをEM菌で発酵させたEMボカシ肥料の作り方を簡単にご紹介しますね。

米ぬかをEM菌で発酵させたEMボカシ肥料を作る為に、まず用意するものとしては、軽量カップ、密封容器、黒ビニール袋、大き目の容器、ジョウロ等の品々です。それに、EMボカシ肥料の材料としては、米ぬか4kg、油粕1.5kg、魚粉1.5kg、お湯600cc、糖蜜10cc、そして、EMが10ccなんですよ。

さて、肥料の作り方なんですが、先ず米ぬか、油かす、魚粉を入れてよ〜く混ぜ合わせるんです。そして、一昼夜汲み置きをした水道水を40℃程度に温めて、糖蜜とEMを加えて混ぜ合わせます。次に、糖蜜とEMの入ったお湯をジョウロで 米ぬか、油かす、魚粉にふりかけてよく混ぜ合わせます。

その後、混ぜ合わせたものを米袋に入れて、黒ビニール袋で二重に密封するんです。天気の良い日は、ビニール袋のまま直射日光に当てて温度を上げ、夜は家の中に入れるようにしましょう。又、冬季の場合は湯たんぽをして、毛布で包んで初期温度を上げるようにして下さい。そうすると、4〜5日で甘酸っぱい発酵臭がしてくるんですよね。

ですが、そのまま一週間程置いておくと、米ぬかを使ったEMボカシ肥料の完成なんです。このボカシを堆肥と一緒に混ぜ込んで元肥として利用するのが良いんですよね。ですが、この肥料用の材料はあくまで一例なので、配合をいろいろと試してみても良いですね。意外と簡単に作る事が出来るので、挑戦してみてはいかがでしょうか(笑)

関連記事
生ゴミの肥料って、どうすれば?
化学肥料ってどうなの?
有機肥料って?
化成肥料って?
液体肥料って?
有機質肥料って良いの?

スポンサードリンク

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。