富貴蘭を楽天で探す♪    富貴蘭の事なら楽天市場で!
富貴蘭での旅行やレンタカーなど、温泉旅館の宿泊予約はお得な楽天トラベルで♪


花壇のお話

花壇のレイアウトはどうすれば?

花壇のレイアウトって、どんなのが良いんでしょうね〜(笑)手入れしやすい庭の花壇のレイアウトなんですが、庭に植える植物は、多年草や宿根草を多く植える事を基本とするのが良いようですね。たとえば、花壇のレイアウトを考えていく時に、植物って、大きく分けると、一、二年草と多年草とに分類されるんですよね。

一、二年草って言うのは、種を蒔いた後に花を咲かせ、枯れてしまうまでの周期が一年、又は二年の植物のことで、これに対して多年草は、その名の通り、数年間生き続ける植物なんですよね。後々庭の花壇の手入れをするのは自分なので、あらかじめ、少しでも手入れの楽な花壇レイアウトにしておくと良いですね。

そして、まず、花壇の奥に背の高い植物を植え、花壇の手前には背の低い植物を植えるようにすると良いでしょうね。植物を購入すると必ずラベルが付いているので、花屋さんなどで確認して下さい。一、二年草は花が終わって枯れたら、もう終わりなんですよね。で、又、来年植える必要がでてきます。

でも、一、二年草は花が終わると種を落とすので、放っておいても増える場合があるんですね。いくら手間を省くからといっても、全てを多年草(宿根草)にするのではなくって、お好みの割合で両者を植えておくと、翌年には、一、二年草だけを入れ替てあげれば良いわけですからね。確かに、多めに多年草(宿根草)を取り入れると、植え替えは、ず〜っと楽にはなりますね(笑)

まとめてみると、先ず、一つは、多年草(宿根草)を多めに植えて、お好みの一、二年草を毎年変える。二つ目は種を落とし、増えていく一、二年草も植える事。三つ目は、球根は、日本在来種を選んで植えると翌年も楽しめるんですよ。ぜひ、毎年楽しめる花壇を、レイアウトをしっかり考えて作って下さいね♪

関連記事
花壇のデザインって?
花壇ブロックで手軽にDIY♪
花壇はレンガ作りで形も楽しめます♪
冬の花壇はどうすれば?
花壇とガーデニングの違いって?
花壇の作り方ってどうすれば?

スポンサードリンク

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。