富貴蘭を楽天で探す♪    富貴蘭の事なら楽天市場で!
富貴蘭での旅行やレンタカーなど、温泉旅館の宿泊予約はお得な楽天トラベルで♪


土作りのお話

土作りで石灰は重要?

土作りで石灰は大事なものなんですが、どのように使っていくのが良いんでしょうかね〜。家庭菜園に限らず、植物を健康に育てる為には、それに適した良い土を作る事が重要になってくるんですよね。その良い土作りの為の石灰なんですが、土作りに使われる石灰には、苦土石灰や有機石灰、消石灰等の種類があるんです。

これらの石灰は土壌が強酸性の場合に、一般的に植物の栽培に適していると言われる弱酸性から中性に中和する為に用いられるんですね。この他には、カルシウムが不足した土壌には消石灰を撒いてカルシウムを補い、マグネシウムが不足した土壌の場合に、苦土石灰を撒いてマグネシウムを補ってやる場合もあるんですよ。

では、良い土作りに必要な石灰って、どの位の量を施せば良いんでしょうか。これは、本や袋等におおよその目安の量が書かれているんですが、土壌の状態がいつも一緒というわけではないので、こまめに土壌をチェックして、石灰を撒くかどうかを見極める必要があるんですよね。

良い土作りの為の土壌チェックを怠ってしまって、むやみに石灰を撒くと、栽培に適さないアルカリ性の土壌になってしまう上に、土が固くなってしまうんです。

土壌のpHをチェックする場合は、土2:水5で攪拌したものにテスターを当てるのが良いですね。又は、少し湿らせた土にそのまま差し込むタイプのテスターも有るので、そちらを使って調べるのも良いでしょうね。そして、良い土作りの為の土壌のpHを調整する場合には、強アルカリの無機石灰を利用すると良いようです。

土壌のpHのチェックが出来ない場合は、牡蠣殻石灰や貝化石などの効果が緩やかな有機石灰を使うと、アルカリに傾く事も少なくって、それに、消石灰に比べ他の養分も含まれているので、不足したカルシウムを補う場合に土壌にも優しいので、良い土作りには良いようですよ。

でも、有機石灰や無機石灰のどちらの石灰にも、やはりメリットとデメリットが有るので、土壌の状況に合った石灰を効果的に利用するようにしましょうね。いずれにしても、土作りは手探りな部分や重労働が多いんですが、素晴らしい作物を育てる為には欠かせない作業なので、しっかりと取り組む事が大事なんですよね。美味しい作物の為に土作りに頑張っていきましょう。

関連記事
家庭菜園の土作りは?
花壇の土作りはどうすれば良いの?
ガーデニングの土作りはどうすれば?
プランターの土作りって?
庭の土作りはどうすれば良いの?
野菜作りの土作りはどうすれば?

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。