富貴蘭を楽天で探す♪    富貴蘭の事なら楽天市場で!
富貴蘭での旅行やレンタカーなど、温泉旅館の宿泊予約はお得な楽天トラベルで♪


剪定・枝切りのお話

柿の木の剪定は?

柿の木の剪定はいつ頃が良いんでしょうか。柿の木は、都会でも結構庭で見掛けますよね。田舎では当たり前のように、柿の木を見るんですよね〜。柿って言うのは、9月から11月下旬に収穫時期を迎えるんですよね。その為、剪定は12月から3月にかけて行うのが良いようです。

柿は、本来高木性なので、庭のような限られた空間で栽培するには注意深く剪定する必要があるんです。剪定では、日当たりや風通しを悪くするような不要な枝や、込み合った枝、弱々しい枝、それに、下向きに伸びた枝や内側に伸びた枝等を切り取り、上を向いて勢い良く伸びた枝を切り詰めていくのが良いんですね。

上に向かって伸びた枝を切る事で、柿の木の高さを抑えるんですよね。先端がいくつにも枝分れしている場合には、株の外側に向いている枝を残して、他の枝は取り除きます。残した枝の先端も、外側に向いている充実した芽のすぐ上で切るようにすると良いですね。

柿の大きな特徴としては、その年に実を付けた枝は翌年には実を付けない性質があるんですね。その為、”柿は枝ごと折れ”って、よく言われるんです。つまり、収穫時に剪定も一緒にしてしまおうと言う事なんですね。柿は前の年に伸びた枝の先端から出た花芽に実を付ける為、誤って切ってしまうと次の年に実を収穫出来ないので気を付けなくてはいけません。

柿の木は樹勢がとっても強くて枝も立ちやすいので、日当たりや風通しを良くする為、樹冠の内部も剪定してあげるのが良いです。夏の実のなる前には、込み合って日当たりが悪くなった枝を、実のなる枝もならない枝も共に切り落としましょう。

”桃栗三年柿八年”と言われるように、柿は高木になりやすい半面成長が遅いので、最初の頃は出来るだけ剪定を抑えて、日当たりの悪い部分を間引く程度にしておくのが良いです。毎年、柿の実を収穫するのは難しいんですが、次第に慣れていくのでじっくり取り組んでいくと楽しみが増えますね。

関連記事
植木の剪定は?
梅の剪定はどうすれば?
松の剪定はどうすれば?
剪定の時期っていつ頃?
庭木の剪定は?
庭などでの剪定とその方法は?

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。