富貴蘭を楽天で探す♪    富貴蘭の事なら楽天市場で!
富貴蘭での旅行やレンタカーなど、温泉旅館の宿泊予約はお得な楽天トラベルで♪


剪定・枝切りのお話

剪定の時期っていつ頃?

剪定の時期って、いつ頃が良いんでしょうか。剪定って言うのは、ご存知のように樹木の幹や枝を鑑賞したり、生育や実用等の目的として、枝葉を切り除いて樹形を整える技法の事なんですが、あなたの庭木も美しく保つには、この剪定は欠かせないんですよね。ですが、その剪定の時期を間違えると、逆に、せっかく育てた庭木を枯らしてしまう可能性もあるんですよね。

この剪定の時期なんですが、樹木によっていろいろと分かれる為、剪定する樹木の種類を前もって調べておく必要があるんです。剪定の一般的な時期としては、落葉樹は葉が落ちてから3月位までで、針葉樹は春先と10月〜11月、常緑樹は3月〜6月と9月〜11月あたりが適していると言われているんです。ですが、常緑樹は、寒さが厳しい冬の剪定は避ける方が良いようです。

又、花が咲く木や実のなる木の剪定もありますよね。この場合には、それぞれ花と実の終わる頃に剪定を行うのが良いようです。例えば、梅の場合には、花の終わりから5月までに、2〜3芽残して切り落とします。この時、最後の芽は外芽を残すのが良いです。この時期を誤ってしまと、翌年は殆ど花の咲かない年になってしまうんですよね。

この他にも、6月の暖かい気温や梅雨で茂った木をさっぱりさせたり、正月を迎える前にきれいに等、その方の都合も含めて、時期によって剪定目的も剪定方法も変わってくるようです。又、樹木が弱っている場合、強い剪定を行ってしまうと、剪定に適した時期でも枯れてしまう恐れがあるので、軽めの剪定に抑えて、枝を上に上げて樹勢を強くしてあげるのが良いですね。

当たり前なんですが、木を切れば切った部分は傷んで樹木自体も弱まるので、極端に暑い時や寒い時期は木の回復が遅くなるので、剪定時期としては避けた方が良いですね。剪定の時期って言うのは、樹木の状態も見極めなければならないので難しい作業なんですが、美しい庭と庭木の維持の為にも、しっかりと覚えて剪定したいものです。

関連記事
植木の剪定は?
梅の剪定はどうすれば?
松の剪定はどうすれば?
柿の木の剪定は?
庭木の剪定は?
庭などでの剪定とその方法は?

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。