富貴蘭を楽天で探す♪    富貴蘭の事なら楽天市場で!
富貴蘭での旅行やレンタカーなど、温泉旅館の宿泊予約はお得な楽天トラベルで♪


山野草のお話

山野草ってどんなの?

山野草ってどんなの?って言う方もいらっしゃるでしょうね。山野草って、以前は山草(さんそう)と呼ばれていたようなんですが、その山野草とは何を指すんでしょうか?実は、何をもって”山野草”とするのか、明確な定義は現在では無いようなんですね。なので、人によって、山野草の解釈がまちまちなのが特徴なんです。

この山野草の一応の原則としては、平地から高山に至る野外に、自生をする、観賞価値のある、ある程度耐寒性を持った、草や低木、と言うのが目安にはなっているようなんです。でも、この基準でいくと、野生の植物はみんな山野草になってしまいそうですよね(笑)でも、道端に生えている雑草は除外されているし、タンポポ等はいかにも山野草的な雰囲気があるんですが、やはり、山野草とは違うんですよね。

そして、山野草でも、高い山に生育するものについては”高山植物”として区別がされる事が多いようなんですが、これも誰が決めたという訳ではなくって、何となくの基準のようなんですね。なぜ、このような事になっているか考えてみると、日本では山野草の栽培の歴史がまだ浅い事が影響しているようですね。

とは言っても、それでも100年程度は経っているのですが・・・。現在では、野生のみではなく、栽培したものも山野草と呼ばれているんです。西洋の影響を大きく受けた園芸植物の派手さとは違って、小振りで質素な感じが良いんですよね。その為、日本庭園や盆栽に使われているんです。これは”儚(はかな)さ”や、”わび・サビ”といった日本人特有の感覚にマッチしたからなんでしょうね。

敢えて、定義のない山野草の説明をもっと簡単にするならば、”元々、山に自生していた草木で、小さく、可愛くて、風情のあるもの”と言い換えられるかもしれませんね。我小さい庭にも、可憐で可愛い山野草がいくつか咲いているんですよ(笑

>>山野草、楽天で見てみて♪

関連記事
山野草も販売されている?
斑(ふ)入り山野草って?
山野草の育て方ってどうするの?
山野草の種類って?

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。